Barbour BEDALE 2CROWN

—August.9.2013 14:29:16

FxCam_1375963567901

今日ご紹介するのは、クラウンが2つの年代のビデイル。

知ってる方も多いと思いますが、基本デザインに変更がないバブアーにおいて、このビデイルは、見た目が大きく様変わりした稀なモデルです。

P1420937

その変更点というのは、胸ポケットの形状。

この年代を最後に、「フラップポケット」から「ハンドウォーマーポケット」に変更になり、それは今の現行品まで続いています。

なんだか文字にすると大した変化に感じないかも知れませんが、見比べると全く違うので、気になる方はバブアーの公式のサイトなんかで調べてみて下さい。

P1420939

 

P1420955

 

P1420942

コンディションは、ちょっとした擦れがあるものの、破れもなく、全体的にはかなり良好。

ワックスのノリに関しても、もうちょっと抜けててもいいくらいにしっかり残ってます。

P1420945

 

P1420948

 

P1420951

胸ポケットの形状の他、この年代のビデイルに関しての大きな特徴として、「袖が長く設定されている」という点もあるようです。

恥ずかしながら、あるようです、、というのは、自分で調べた事ではなく専門誌からの受け売りなんですが、たしかに往々にしてサイズが小さいと極端に袖丈が短くなってしまうバブアーにおいて、これは長め、というかバランス良く感じます。

P1420952

 

P1420953

 

P1420956

 

P1420957

内ポケットは片側にひとつ。

ライニングの破れは全くありません。

P1420958

この、2クラウン4つポケのオールドビデイル、最近ではショップ別注という形で復刻されたことも追い風となって、本国のヴィンテージ市場でも高値が付くようになってきました。

インターナショナルとまではいかないまでも、プライス・玉数的に、ソルウェイジッパークラスまでになるのは、そう遠くなさそうです。

 
Barbour BEDALE 2CROWN 41,790yensold

Size36 着丈74㎝ 身幅53㎝ 裄丈80.5㎝


Origin

—August.4.2013 16:47:50

ユースカルチャーに傾倒した若者が反逆の証として揃って身に纏い、さらには労働者達の心の叫びを代弁した政治家、「Michael Foot」が公の場でも着用したこともあって、後に「労働者階級の象徴」とまで言われるようになったドンキージャケット。

それは、単なる作業着としての枠を超え、今もイギリス文化のひとつとして歴史に刻まれています。

EXP=1374658802

サックコートを起源にし、大戦後から急速に普及していったドンキージャケット。

当初、「革」とウールで作られていたこの作業着は、経済状況が悪化し、イギリスが諸外国から老大国と揶揄され始めた60年代を境に、安価な「PVC」を、その特徴的な肩当て部分に使い始めます。

bbb

それを確認できるのが、この写真。

かなり古く見えますが、記録には1960年代と残っています。

実際、写真から読み取るのは難しいですが、見た目「その部分」の質感からしても、「PVC」で間違いないと思います。



そして、今日ご紹介するのは、この流れからもお分かりの通り、「革」当てのドンキージャケット。

1950`S ARTHUR MILLER製、正真正銘、これが「オリジナル」と呼べるドンキージャケットです。

IMG_4362

 

IMG_4372
IMG_4373

 

IMG_4371

 

IMG_4367

 

IMG_4368

L.B.T.H.の刺繍。

これ、なんのことか気になって調べてみたんですが、断言出来るような証拠を見つけられず..

ですが、たぶん..なんですが、London Borough of Tower Hamlets(ロンドン特別区のひとつ)の略になると思います。

きっと、当時の開発整備の際に支給されたモノなんでしょう。

☆ちなみにこのドンキージャケット、「VINTAGE MENSWEAR」を監修する、「THE VINTAGE SHOWROOM」のRoy Luckett氏が、GQ BRITISHのインタビューの中で、自身のFIVE FAVORITE VINTAGE PIECESにも選んでいます。(衿の刺繍以外、年代もサプライヤーもすべて同じです)

IMG_4376

 

IMG_4375

 

IMG_4366

この年代になると、資料として出回るほど残っていないのか、現代のファッションシーンにおいても、デザイナーやブランドがソースにするのは70年代以降の型がほとんど。

その年代は年代でチープな感じがリアルなワークウェアとして魅力がありますが、圧倒的な存在感・雰囲気ってことになると、やはり別物です。

なにしろ無骨で男臭くカッコいい。

昨日のスモックもそうですが、これもなかなかのモノだと思います。

1950`S ARTHUR MILLER DONKEY JACKET 126,000yen Sold

SIZE表記 38

実寸 着丈70.0㎝ 身幅56.0㎝ 肩幅47.5㎝ 袖丈62.0㎝


Royal Navy Ventile Smock

—August.3.2013 21:14:27

店頭でもよくないのかと聞かれますし、自分自身でもずっと欲しかったので、とにかくこのスモックの、特に最小サイズだけは常に探していました。

I’m looking for british navy ventile smock

現地でもメールでも、ディーラーとのやりとりに何度このフレーズを使ったのかわかりません。笑

2013-08-03 20.45.57

そしてやっと見つかったこのサイズ。

しかもコンディションはデッドストックです。

「サイズ」の部分を強調しているのは、このスモック、知ってる方も多いと思いますが、なにしろサイズ感が大きく、今回の「158/88」というのは、ホント滅多に市場に出ないんです。
(このひとつ上のサイズになる「164/92」だと軽く180㎝以上ないと全然大きいです)

それでは細かい部分は写真で。

2013-08-03 21.22.56

 

2013-08-03 21.13.16

 

2013-08-03 21.14.06

 

2013-08-03 21.16.02

 

2013-08-03 21.20.53

 

2013-08-03 21.17.06

 

2013-08-03 21.20.37

 

2013-08-03 21.19.09

 

2013-08-03 21.18.36

 

2013-08-03 21.19.34

 

2013-08-03 20.45.02

ヤレた雰囲気が良い、というのも古着の魅力のひとつですが、これに関しては例外。

本来、海軍支給のアイテムの為、リアルに使用したUSEDほど、往々にして海水にやられちゃってます。

そういった意味でも、デッドストックにこのサイズにまとまった数、次に紹介できるのはいつになるかわかりません。

特に前々から探されていた方、ぜひこの機会にいかがでしょうか。

Royal Navy Ventile Smock 81,900yen sold

Size 158 / 88

実寸 着丈70㎝ 身幅63㎝ 裄丈87㎝

2013-08-01 20.59.10

 

P1440312


RAF AIRCREW SHORT JACKET

—July.13.2013 12:58:00

raf11

世界中の様々なデザイナーがソースにしているRAF(英国空軍)モノ。

本来の用途から考えれば、絶対的に実用重視の筈なのに、そのデザイン性の高さは、実ははどこかファッションを意識して作られたんじゃないかとさえ思ってしまいます。

raf1

 

raf2

 

raf3

 

raf9

 

raf4

 

raf6

 

raf7

 

raf5

 

raf8

 

raf10

詳細云々に関しては、色々書こうと思ってた矢先にSOLDになってしまったので、それはまた何時か見つけられた時に。

S様、ありがとうございました。

RAF AIRCREW SHORT JACKET  SOLD
 

☆お知らせ

先日、旧くからの友人のショップがオープンしました。

BRIDGE

アメリカモノに特化した、センスの良い品揃えです。

HP、BLOGのチェックはもちろん、ぜひ実店舗の方にも足を運んでみて下さい。


EARLY 1910′s BRITISH CAPE

—July.9.2013 13:23:26

今日は、先日の「BRITISH COUNTRYSIDE STYLE」の流れでこちらのアイテムを。

2013-07-08 21.16.31

年代で言えば、もっと古そうなケープ。

ディーラー曰く、おそらく1910年代くらいのものだろうということでしたが、たしかにこれは今まで見てきたその年代特有のそれです。

2013-07-08 21.19.05

まず、何をおいても素晴らしいのが、この素材感。

長い時間を経たものにしか纏う事のできない雰囲気、佇まい..

なんだか物悲しさすらあります。

2013-07-08 21.19.59

カラーも同じく。

もともとは黒だったと思うのですが、退色し、黒ともチャコールともブラウンとも言えぬ色合いに変化しています。

2013-07-08 21.23.43

 

2013-07-08 21.26.22

 

2013-07-08 21.22.37

 

2013-07-08 21.21.36

 

2013-07-08 22.26.45

サイズに関しては、この手の作りなのである程度カバーできると思いますが、身長177㎝の僕だと肩が吊ってしまい窮屈だったので、試しに知り合いだったり何人かに着てもらったところ、170㎝くらいの方でベストでした。

また、メンズの前合わせさえ気にならなければ、女性の方にもおすすめです。(写真は身長162㎝着用)

常々、ヴィンテージは実用性がないとあまり興味がないと僕は言っていますが、これは実際に着れる上にコレクタブルなアイテムとしても。

大変、絵になります。

EARLY 1910′s BRITISH CAPE  71,400yen

着丈(衿下84㎝)

明日は定休日です。お間違えのない様、宜しくお願いします。


1960`S GRENFELL CLOTH MOUNTAIN PARKA

—July.4.2013 16:38:45

origins-2

 

origins-1

 

about_bg

1958年にはロイヤルワラント(エリザベス女王)も授かっていますし、長い歴史とバックグラウンドがありながらも、日本ではディストリビューターが安定しなかったせいか、どうも微妙な立ち位置に存在する「GRENFELL」。

まぁそこが玄人受けをする理由にもなっているのかも知れませんが、本来ならば、もっと日の目を浴びても良いくらい、素晴らしい製品を世に送り出しています。

2013-07-01 21.33.26

今日ご紹介するのは、そのGRENFELLが60年代に展開していたMOUNTAIN PARKA。

USED市場では、GRENFELL自体、玉数が少ないですが、その中でもちょっと珍しいタイプです。

2013-07-01 21.21.41

ぱっと見だけで言えば、所謂普通のシンプルなアウトドア用スポーツコート。

ですが、GRENFELL CLOTH(後述参照)特有の生地感、細かいところの作り込み、ボタン等の付属品等、そこにはさすが特権階級に支持された理由がわかります。

2013-07-01 21.25.59

 

2013-07-01 21.28.49

 

2013-07-01 21.24.14

 

2013-07-01 21.30.44

 

2013-07-01 21.31.45

 

2013-07-01 21.29.50

着丈はヒップが隠れるくらい。

長過ぎず短過ぎず、使い勝手が良さそうです。

2013-07-01 21.33.57
 

ちなみにこのモデル、2008年に復刻されたこちらのオリジナル。

所々モディファイしてリリースされてたようですが、そこそこビックリするプライスが付いてます。
(名称については「EVEREST」になっていましたが、当時からその名称だったのか、そもそもモデル名が存在していたのかは不明だったので、僕はMOUNTAIN PARKAにしてあります)

気になる方は上記リンク先からチェックしてみて下さい。

1960`S GRENFELL MOUNTAIN PARKA Sold
 

最後にグレンフェルの歴史を。 ※長いのでお好きな方だけご覧下さい。

グレンフェル・クロスは如何にして作られたか

1892年のその日、ウィルフレッド・グレンフェル卿が、ランカシャー州バーンレイ市の公会堂に於いて、彼のラブラドールに於ける活動について語り始めた時、聴衆は静まり返って耳を傾けました。
使命感の赴くまま粗末なソリに乗って未踏の地を駆け、1892年に上陸して以来2ヶ月間に900人の患者の診療に当たり、助手の一団に感動と献身を呼び起こし、不毛の北極圏に散在する2,000人の漁民やエスキモー対する精神的医療的支援の必要性につき世界中の共感を呼び起こした医者が語り始めました。

グレンフェル卿の話がその地に於ける厳しい生活の現実に及んだ時、聴衆の一人は非常に強い印象を受けました。
その人こそ、ウィルフレッド・グレンフェル卿を講演に招いたバーンレイ市の工場主、ウォルター・ヘイソンスウェイト氏でありました。
同氏をその後の行動に駆り立てたのは、極地に於ける衣料に適する生地に関する卿の一寸した解説でありました。

『ラブラドールに於けるミッション活動に適した生地は』、グレンフェル卿は語りました。
『まず軽くなければなりません。何故なら移動するときは犬の群れについて徒歩で行くからです。また丈夫でなくてはなりません。何故なら野外では衣服に命を預けるからです。雨と雪から身を守るため防水性がなくてはなりません。体温の低下を防ぐため風を通さない事も重要です。しかし何よりももっと重要なのは身体の湿気を外に排出する機能であります。』

ヘイソンスゥエント氏はこれらの言葉を挑戦と受け止めました。
そして1年の研究を重ねた後、1923年に彼はグレンフェル卿が理想的と賞賛する生地を生み出すことに成功したのです。
卿はその手紙の中で次のように述べています。

『それは軽くて丈夫で美しい生地です。それは我々全てにとり大きな恩恵ですが、私はそれがもっと広く世間の人々に知られるべきであり、きっとそれが一般市場で大歓迎されるものと信じます。』

後日、この生地のネーミングを決めるに当たり、グレンフェル卿自ら『グレンフェル・クロス』と言う名前を薦めました。そしてその後の手紙に更に次のように述べています。

『我々はそれを常時着用しました。船に乗る時、飛行機に乗る時、ソリに乗る時、自動車に乗る時。それは酷使しても破れないので、危険な仕事に従事している人々には必ずそれを薦める事にしました。』

生地の特長

グレンフェル・クロスの長所は2つの単純な事実から生み出されました。
第一にその糸は熟練の職人により最も繊度の細い綿より紡がれたものです。
第二にその生地は非常に緻密に織られ、1インチ四方に600本以上の糸が打ち込まれています。
この緻密な織り生地に、風を防ぎ、防水性に富み、長持ちする性質を与えました。
この生地が発明されて以来今日に至るまで、その基本的は織り方は変わっていませんが、現在ではそれに最新の防水と染色の技術が応用されています。
糸染めの技術が非常に幅広い範囲の色に、一層の深みと美しさを与えました。
最新の加工技術がグレンフェル衣料の防水性を更に完全なものにしました。

冒険活動

グレンフェル・クロスは探検や冒険の分野で何百という偉大な業績達成に貢献してきました。
次の記載は代表的なものの一部です。

・ 高地に於いて

エベレスト、ナンダデビ - 山への挑戦があるところ、グレンフェル・クロスが力を発揮しました。

1933年、グレンフェル・テントが地球上で最も高地における居住を可能にしました。
科学者達がそんな高地で眠った人間は2度と目覚める事がないであろうと予想したにも拘わらず、F.S.スミスはその中で13時間眠り元気に目覚めました。
それは立つことすら出来ない強風の中で、27,000フィートの高地に張られたテントで、それより500フィート低い場所に張られたテント中には微細は粉雪がテント地を通して吹き込んだにも拘わらず、グレンフェル・クロスを通る事は決してありませんでした。

そのテントに使われた生地はその時の衣料にも使用されました。
その後グレンフェル・クロスは1936年、1938年、1952年と再三にわたりエベレストに行きました。
そして、それと全く同じ生地が市販されているグレンフェルの衣料にも使用されているのです。

グレンフェル・クロスは1933年台初めより主だった登山隊と極地探検隊の殆どで使用されています。
下記はそれらのほんの一部の例です。

オックスフォード大学 エレスメアランド探検1934/5
英国 グラハムランド探検1934/7
英米共同 ヒマラヤ登山1936
英国 西グリーンランド探検1949
シェフィールド大学 キリマンジェロ地質学探検1953
『デイリーメイル紙』雪男捜索探検1954
英国 南ジョージア探検1954
ケンブリッジ大学 アフガニスタン探検1955
スピッツベルゲン 北グリーンランド探検1956
ヨークシャー ヒマラヤ登山1957
英国パキスタン両軍共同 ヒマラヤ登山1958
英国 アルプス ハンニバル探検登山1959
オックスフォード大学 アンディーン探検1960
ダウラ4 登山1962
英ソ共同 バルミール探検1962
ケンブリッジ大学 アメリカ横断探検1962
ノネスキ アンディーン探検1963

軍事活動

グレンフェル・クロスは第二次世界大戦で抜群の戦功を挙げました。
それは、英国空軍とカナダ空軍の正規飛行服に使用され、多くの命がグレンフェル・クロスから作られた MAE WEST のライフジャケットで助かりました。
そして英国陸軍北極圏師団の兵士達は特別にデザインされたグレンフェル・ミットで手を守りました。
軍隊との関係は平時にも継続され、その後カナダ陸軍の全ての将校に対しグレンフェル・レインコートが供給されました。

大空で

現在の商業航空への道を築いた30年代の飛行先駆者達は生命の危険に身を晒さざるを得ませんでした。
そのため彼らの多くがグレンフェル・クロスの飛行服を身につけました。
1931年バード提督が南極上空を飛行した時、グレンフェル・クロスを着用し、こう書いています。
『グレンフェル・クロスは特に我々の目的の為には最適の素材である。』
太平洋を横断した チャールス・キンクフォードスミス卿、大西洋を渡ったジムとアン・モリソン、最初にエヴェレストを空から征服した登山隊、大西洋を初めて横断した女性飛行家アメリア・エアハートなど、同時代の他の多くの偉大な飛行家達も同じ意見を持っていました。
その後グレンフェル・クロスは、戦時平時を問わず数知れず大空を駆けました。
そして今日ではそれはエアースポーツの分野で理想的な素材である事を証明しつつあります。
当然の事ながらそれは1960年オリンピックの英国グライダーチームにも採用されました。

スピード競技

グレンフェル・クロスは陸上と水上で最も速い男達に着用されました。
ジョージ・イーストン大尉が1938年に時速367マイルを達成した時にもそれは使用されました。
戦後のモータースポーツの多くのスター達と同様、スターリング・モスも長年に亙ってグレンフェル・クロスに身を固めてレースに出場しました。
特に、グレンフェル・クロスがマルコム・キャンベル卿と彼の子息ドナルド・キャンベルが達成した陸上と水上のスピード記録に関係していた事は有名です。
マルコム・キャンベル卿は、1931年のデイトナビーチにおける時速246マイルの達成と、1935年のボーンビルに於ける時速301マイルの達成に際しグレンフェル・レーシングスーツを着用しました。
ドナルド・キャンベルは1年の間に陸上と水上で世界一速い男となりました。
1964年オーストラリアのアイ湖サルトフラッツで時速429マイルの陸上新記録を達成し、その同じ年に今度は西オーストラリアのダンブルヤング湖で彼自身が持つ水上世界記録を塗り替えて時速276マイルの記録を達成しました。
彼の最も速い水上記録は1967年1月4日ランカシャーのコニストン湖で達成された時速328マイルですが、これが彼を死に至らしめ、最後の記録となりました。
彼は祖国の為にベストを尽くす事を決意した勇敢な英国人として長く記憶に留められる事でしょう。

スポーツ

数多くの試験と試練を経て、歴史上の偉業を達成したグレンフェル・クロスは、各種アウトドアスポーツの要求に確実に応える事が出来るものです。
登山家の身を守った素材はゴルファーの身体をも守ります。
事実多くのライダーカップ・チームにその効果をもたらせました。
エベレストで機能を発揮した生地はスキースロープでも当然選ばれるものです。
事実それは1952年、56年、60年の英国とノルウェイのオリンピック スキーチームに採用されました。

スタイル

グレンフェル・クロスには最も美しいアウターウェア用の生地としての根強い需要があります。
他の特長に加え、緻密な織りからくるその外見は表面にまたとない美しさを与えます。
それはデザインナーが要求するいかなるラインをも作り出し保持するものです。
生地そのもののみならず、グレンフェルカラーの素晴らしさは、探検や冒険から生み出されたものです。
その生い立ちから、グレンフェルカラーは白一色の雪の原野で遠くから見分けられるよう特長のあるものであることが必要条件でした。
また、衣服の手入れが全く不可能な極めて過酷な条件下で、退色せず元のまま色調を保つことにも応えてきたのです。


RAF cold weather parka 1950〜60`s

—April.16.2013 01:27:33

Front
 
RAF(ROYAL AIR FORCE)のCOLD WEATHER PARKA。

その圧倒的な存在感からは、MILITARY、VINTAGE CLOTHINGに興味のない方でも、現代のモノとは違うなにかを感じ取れると思います。
 
Side

 

Back
 
市場に出回ることが稀なアイテムゆえ、なかなか詳しいことが情報としてないのですが、個人的に色々と調べてみると、、、
 
Vampirecrash2
RAF Fire Service
 

SXD655Cold
RAF Fire Service
 

IMG_3965
RAF Mountain Rescue Service 1950`s
VINTAGE MENSWEAR – A COLLECTION FROM THE VINTAGE SHOWROOM
 
考えてみると当たり前のことなんですが、RAFにも色々な部隊があり、例えばFire Service、Mountain Rescue Service等、陸の部隊も含めてRAFは編成されています。

そしてこのジャケットは、上の写真からも分かる通り、ディテール的に共通点も多く、ファーや2重になったライナーの仕様等も考えると、さらに極寒地用のものではないかと推測します。

ただ、このジャケットが、「パイロットだけ」に支給されていたかどうかは、正直、不明。

僕もなんの疑いもなく「RAF=パイロットモノ」と思っていましたが、それを証明する資料や文献を見つけられなかったこともあり、その他部隊を含めた「RAF」共通というのが、今のところの私的見解です。

 
IMG_3986

 

IMG_3992

 

IMG_3995
SIZE 3(一般的なM〜小さめのL相当) PRICE Sold
 

IMG_3993

 

IMG_3999
 
マテリアルはベンタイルコットン。
それこそ、もともとRAFのパイロットの為に開発されたのが、この素材です。
 
IMG_3987
 
所々リペアされていますが、雰囲気を損なうようなものではなく、丁寧に処理されています。
有ると無いととじゃ大違いのベルトもオリジナルが付属し、ジッパーもスムーズです。
 
IMG_4000

 

IMG_3989

 

2013-04-21 19.02.35
 
肩に小さく入ったステンシル。

僕の「これはなにを意味するの?」の質問に、ヴィンテージディーラーはちょっと間を置いて、「エースナンバー!!」と答えてましたが、本当のところはどうでしょう。笑

 
2013-04-21 18.21.56

その他、こんなスペシャルなアイテムも入荷済。

追ってご紹介しますが、お近くの方は、まずは店頭にてご覧になってみて下さい。

※通販、お問い合わせは、下記フォームよりお願いします。