U.S.ARMY M1951 PARKA COYOTE HOOD

—January.10.2014 19:08:44

画像 1107

しかしこのフード、付けると1.5倍増しでカッコよく見えますね。

画像 1108

の流れから、今日ご紹介するのは、「U.S.ARMY M1951 PARKA」の、「コヨーテファーフード」。

51パーカ自体、そろそろ玉数なくなってきましたが、フードがセットで出てくることはそうそうないので、そういう意味ではシェルより貴重かも。

これ、意外と探してたって方多いと思います。

画像 1109

 

画像 1110

数は4つあります。

コンディションは、どれもワイヤー切れもなく、ファーもふさふさ。

良好です。

画像

シェルがなきゃ使いモノになりませんが、今後の為にフードだけ用意しとくってのも、僕は大袈裟じゃなく大いにアリだと思います。

U.S.ARMY M1951 PARKA COYOTE HOOD  All Sold

ちなみにシェルも一枚アリ(写真)。
サイズS、フード・ライナー付きで、プライスSoldです。(ライナーは51用がなかったので65用をセットしてあります)
こちらまずは店頭にてご覧になってみて下さい。


WOMENS FRENCH VINTAGE ITEM

—December.30.2013 16:00:01

画像 1005

以前にもご紹介したことのある、この手のプルオーバーシャツ(スモック)。

実際、店頭で購入してくださる方のほとんどが女性の方なので、今日はわかりやすいように、女性モデルで着写を用意しました。

画像 1008

まず一枚目は、淡いグリーンベースで、濃いグリーン・白・ベージュのストライプ。

衿は小振りのワイドカラー。

画像 1006
♯1
 

画像 1007

 

画像 1011

 

画像 1010

 

画像 1009

特徴というか面白いのがここ。

白ベースストライプの別生地で切り替えられていて、裾は、前がラウンドしてるのに対して後ろはスクエアにカットされています。
 
 
画像 1012
♯2
 

画像 1013

続いて、チェック柄。

色は白ベースにブルーとベージュのマス目で、素材はネル。

デザイン的には、「衿」と「ボタン」が特徴です。

画像 1015

 

画像 1014

 

画像 1018

 

画像 1016

 
もう一枚は、

画像 1021

同じく衿ナシバンドカラーのネルで、こちらはパープルのストライプ。

画像 1023

衿と、

画像 1024

前立てに入ったリペアが特徴。

画像 1022
♯3
 

画像 1025

 

画像 1026

 

画像 1027

 

画像

淡い色や白ベースだと難しいところもあるんですが、三枚どれも、染み・穴などなく、コンディションはかなり良好。

そういう意味では、普段、古着を着ないって方にもおすすめしたいです。

加えて、ヴィンテージならではの雰囲気も、きっと感じてもらえると思います。

French Vintage Smock ♯1.2.3   All 19,950yen

♯1 着丈90.0cm  身幅61.5cm  肩幅46.5cm  袖丈58.0cm

♯2 着丈86.5cm  身幅64.0cm  肩幅44.5cm  袖丈51.0cm

♯3 着丈90.0cm  身幅60.5cm  肩幅48.0cm  袖丈51.0cm

着用モデル 162cm

 
最後、もう一アイテム。

画像 1028

同じくフレンチのヴィンテージエプロン。

これ、個人的にかなりのイチオシです。

画像 1029

シャリ感のあるインディゴリネン。

色落ちはもう最高、、

画像 1032

 

画像 1030

 

画像 1031

「エプロン」として実用的に使うのはちょっともったいないかなって思ってしまうくらいのレベル。

ぜひ、「ファッション」として取り入れてみて下さい。

Vintage French Indigo Linen Apron  Sold

57cm×93cm

 
年末年始の営業時間のお知らせ

本日30日は19:00閉店で、31日、1日、2日と店舗は休ませて頂きます。
3日から通常営業です。
※その間、通販のご注文はお受けできますが、発送は3日以降になることをご了承下さい。

それでは皆さん良いお年を!
僕はみかん食べてテレビ観て寝ます!


Old Hat

—December.26.2013 20:13:43

P1470606

 

P1470620

 

P1470616

本日、その他にもフレンチヴィンテージを中心に新商品を店頭に並べました。

ここでも随時ご紹介していきますが、まずは店頭にてご覧になってみて下さい。

ご来店、お待ちしております。

OLD HAT 7,800yen~


LA FRANCE TRAVAILLE I MINEURS

—December.22.2013 19:00:54

デザイナーや、ウチみたいなショップには、教科書とも言える「LA FRANCE TRAVAILLE」。

中でも、炭鉱夫に焦点を当てたこのシリーズは、30年代当時のフランス労働者階級の人達がどんな服装で仕事をしていたのかが、すごくリアルに収められています。

名称未設定-20

 

名称未設定-11

 

名称未設定-12

 

名称未設定-13

 

名称未設定-3

 

16

 

名称未設定-15

 

名称未設定-7

 

名称未設定-8

 

名称未設定-4

 

名称未設定-9

 

画像 1278

ご興味のある方は、ぜひ店頭でご覧になってみて下さい。


1952 BRITISH ARMY LONG JOHNS

—November.10.2013 19:36:33

画像 1439

1952年製、BRITISH ARMYの「LONG JOHNS」。

「モモヒキ」と訳すとなんだか一気にイケてないイメージに感じてしまうかも知れませんが、アイテム的には相当イケてます。笑

画像 1440

素材はウールとコットンの混紡。

僕自身、チクチクするモノが得意ではないのですが、これは大丈夫でした。

コンディションはデッドストックで、オートミールの杢も雰囲気良しです。

画像 1438

イギリス軍の官給品を表す「ブロードアロー」が入っていながら、自国生産ではなく、「MADE IN AUSTRALIA」。

これにはかつての両国の関係性を感じさせます。

画像 1442

 

画像 1443

サイズ表記は34。

ですが、実際は平置きで33インチ。

洗濯すると1インチほど縮むので、32インチくらいの方が目安になると思います。
(ちなみに僕は洗濯したらピチピチになってしまいました…)

サイズはワンサイズです。

画像 1444

季節的な意味合いより、モノ的な意味合いの方が強いと思うんですが、それでも最近冷え込んできたことで、店頭ではよく出ています。

結構あった数も気付くとだいぶ減ってきたので、気になった方は、ぜひお早めにご来店下さい。

遠方の方は、もちろん通販可能です。

1952 BRITISH ARMY LONG JOHNS  6,300yen


Old british traditional school muffler

—October.20.2013 13:25:16

北海道はもうこんな季節です。

画像 1198

 

画像 1200
♯1 180cm×24cm
 

画像 1201

 

画像 1202
♯2 183cm×30cm
 

画像 1203

 

画像 1204
♯3 150cm×23cm
 

画像 1205

 

画像 1207
♯4 150cm×26cm sold
 

画像 1206

 

画像 1208
♯5 155cm×28cm
 

画像 1209

 

画像 1210
♯6 165cm×25cm
 

画像 1211

 

画像 1212
♯7 180cm×25cm sold
 

画像 1213

 

画像 1024

年代的なところより、気に入った配色で選んで頂ければ。

なので、プライスも一律に設定してあります。

コンディションは、そこそこ綺麗なのもあれば、そこそこヤレたのもあるので、詳しくはご連絡下さい。

Old british traditional school muffler  All 7,140yen


VINTAGE TIE

—October.17.2013 13:14:32

ここ最近、カジュアル合わせでも人気のタイ。

良さげな雰囲気のを何本か集めてみました。

画像 1157

 

画像 1135

 
L⇒R
画像 1142
♯1 sold
 

画像 1143

 

画像 1140
♯2 hold
 

画像 1141

 

画像 1139
♯3
 

画像 1138

 

画像 1136
♯4
 

画像 1137

 

画像 1144

 

画像 1154
♯5 hold
 

画像 1155

 

画像 1152
♯6 sold
 

画像 1151

 

画像 1148
♯7
 

画像 1150

 

画像 1147
♯8 sold
 

画像 1149

 

画像 1145
♯9
 

画像 1146

 

画像 1161

 

画像 1153
♯10
 

画像 1156

 

画像 1159
♯11 hold
 

画像 1160

 

画像 1158

似たように見えても、まず同じのをしてる方には遭遇しないでしょうし、

「いいね、そのネクタイ、どこの?」

「古着だよ、これ」

でいて、全身古着、ってよりは、「一点、ネクタイだけ古着」、そういう人が僕はカッコイイと思います。

VINTAGE TIE  ALL 7,140yen

ご質問、通販ご利用の方は、お電話もしくはコンタクトフォームよりご連絡をお願いします。


1952 ROYAL NAVY WORK CAP

—October.9.2013 20:32:03

今日はちょっと珍しいアイテムのご紹介です。

画像 1083

 

画像 1085

1952年製、ROYAL NAVY(イギリス海軍)のワークキャップ。

これ、なかなかのレアモノです。

今まで結構な数のミリタリーモノを見てきたつもりですが、これは今回初。

日本の市場ではこういったミリタリーモノの小物は出尽くした感がありますが、海外にはこういった未見のアイテム、まだあるんですね。

奥が深いです。

画像 1084

形に限らず、向こうで帽子を仕入れると、ほぼ日本人だとかぶれないくらいの小さいサイズが多いんですが、これは外周60.5cmあるので、ある程度の方をカバーできると思います。

また、状態はすべてデッドストック(一番上の写真は未洗いの状態です)でしたが、縮みを考慮し、一度洗いにかけました。

使い込むことで、さらに雰囲気良くなりそうです。
 

1952 ROYAL NAVY WORK CAP  sold

Size 60.5cm ※水洗い後のサイズです。ミリ単位ですが若干の個体差はあります。

Material Cotton100%

MADE IN ENGLAND

通販ご利用の方は、お電話もしくはコンタクトフォームよりご連絡をお願いします。


`TOOTAL` Ascot Tie

—July.20.2013 15:00:21

前回のエプロンの記事で首に巻いていたスカーフ。

正確にはアスコットタイになるんですが、今夜はこちらのご紹介をしたいと思います。

2013-07-16 22.46.47

 

5418649991_2775c8da22_b

 

1955-Tootal

 

2013-07-19 20.31.09

まず、メーカーに関しては、イギリス・マンチェスター発の「TOOTAL」になります。

このメーカー、簡単に説明すると、

創立は1799年と言いますから、ものすごく長い歴史のあるメーカーです。

元々はファブリックメーカーとしてシーツ等を主に生産をしていましたが、時代の流れと共に、そのファブリックメーカーとしての強みと活かし、タイ・スカーフの製造に着手。

その後は、Paul Weller等のミュージシャンが好んで着用したのも追い風となり、モッズカルチャーを中心に爆発的なヒットとなります。

と、こんな感じにまとまります。

また、近年では、一時的にタイ・スカーフ類の製造はしていなかったようですが、最近になって復刻やフレッドペリーとのコラボモノなんかも出ているみたいです。

2013-07-19 20.42.13

そんな流れの中、僕が特に集めたいと思っているのが、60年代から70年代にかけてのTOOTAL全盛期のアスコットタイ。

理由としては、アスコットタイ自体が小振りで使いやすいというのもありますが、時代背景からも分かる通り、バリエーションも多さも魅力的です。

2013-07-19 20.43.15

 

2013-07-19 20.53.23

 

2013-07-19 20.52.14

 

2013-07-19 20.47.43

 

2013-07-19 20.49.22

 

2013-07-19 20.54.02

元々の出が正装用なので「いざという時」はもちろん、例えば、白いプレーンなTシャツにワークジャケットなんかのカジュアルな合わせなんかにもと、意外とその応用の範囲は広いと思います。

最近はこういった巻きモノを上手に取り入れている方が多いのでわざわざ書くことでもないですが、クラシックなアイテムだからといって、変にルールに縛られることなく、もっと気軽に自由に取り入れてみることで、ファッションがより楽しいものになるのではないでしょうか。

`TOOTAL` Ascot Tie  ALL 8,040yen


1930`S LEATHER APRON

—July.18.2013 12:17:38

ロンドン郊外の小さな蚤の市で、リペアされた古い生地ばかりを売っていたおばあさんのところにあった、革のエプロン。

古いトルソーに着せられていて、僕は一目惹かれるがままに購入したんですが、聞くと、1930年代の靴職人が使っていたモノだそう。

なるほど、、この雰囲気も納得です。

2013-07-16 22.46.47

 

2013-07-16 21.34.11

 

2013-07-16 21.34.45

 

2013-07-16 21.35.02

 

2013-07-16 21.37.09

 

2013-07-16 21.37.47

 

2013-07-16 21.39.17

 

2013-07-16 21.40.20

 

2013-07-16 21.40.40

 

2013-07-16 21.58.35

1930年代の靴職人、イメージするにこんな感じで使っていたのでしょうか。

このエプロン、まさか僕から次のオーナーさんなんて指定出来ませんが、このblogを見てくれている方で、もし靴職人や革職人の方がいらっしゃたら、ぜひそういう方にこそ仕事で使って欲しいな、なんて勝手に思っています。

ポケットも無いですし、実用的ではないかも知れませんが、なにものにも代え難い雰囲気があります。

1930`S LEATHER APRON  SOLD
 

写真では分かりづらいかも知れませんが、全体的に汚れが多くあります。
これを、ヴィンテージの味、風合いとしてご理解頂ける方にはおすすめしますが、そうでない方にはおすすめしません。
詳しくは、お電話、mailにてお問い合わせ下さい。