BRITISH ARMY DPM PACK

—March.7.2014 18:46:52

今日ご紹介するのは、イギリス軍の「DPM(Disruptive Pattern Material)」BACK PACK。

先日のNATOのバッグもそうですが、これもあまり日本では流通していないと思います。

画像 1423

容量は、その「NATO」と同じで「30ℓ」。

ですが、上蓋とサイドのポケットが大きい為、それと比べると一回りくらい違います。

背負うと存在感ありますよ。

画像 1416

 

画像 1426

当然ですが、しっかりとした作りです。

画像 1427

 

画像 1431

 

画像 1424

 

画像 1429

 

画像 1430

 

画像 1425

デッドストックではありませんが、大きな汚れもなくコンディションは良好。

同等のもので数個用意があります。

画像 1434

 

画像 1418

 

画像 1435

 

画像 1432

 

画像 1415
thx ケント!!

その他、今週はフレンチモノを中心にまとまった入荷がありました。

週末お近くまで来られた際は、ぜひぷらっと寄ってみてください。

BRITISH ARMY DPM PACK  sold

その他詳細、通販をご希望の方は、コンタクトフォームよりご連絡をお願いします。


1960′S BRITISH RAILWAYS LEATHER BAG

—March.3.2014 19:13:54

今日ご紹介するのは、1960年代、「BRITISH RAILWAYS」(イギリスの国鉄)に支給されていた、レザーバッグです。

P1490368

まず見た目からいくと、半端じゃなく頑丈そうな印象。

よっぽどのことがない限り、壊れるとは考えにくいです。

P1490371

あんまりこういう仕様ないですね。

こんなところから取っ手が伸びています。

P1490372

ちょっとペンキが飛んでますが、ハンドル・全体のコンディションは良好。

乾いてた部分は油分の多いオイルを入れました。

P1490373

 

P1490374

 

P1490375

 

P1490381

 

P1490379

 

P1490380

重さは、これだけ付属が付いてオールレザーなら相当かとイメージするかも知れませんが、実は意外とそんなんでもないです。

まぁ、間違っても軽いとは言えませんが、持っててイヤになるほどでは全然ないと思います。

P1490382

 

P1490383

もともとの状態もそこそこ綺麗でしたが、取れる汚れは全部取りました。

サイズは、

画像 1412

幅約40cm。

画像 1413

高さ約28cm。

画像 1414

マチ約13.5cm。

P1490386

上蓋の裏には、前にご紹介したことのある通学用のサッチェル然り、古着ならではのストーリー。

運転士なのかエンジニアなのか、どんな人が使っていたんでしょう。

まさか、それから50年以上が経った今、流れ流れて日本にあるとは考えもしなかったのは確かだと思います。

1995-7233_LIVST_LF_251

1960′S BRITISH RAILWAYS LEATHER BAG  sold


NATO FIELD PACK

—February.27.2014 20:44:37

画像 1389
友情出演 vendorカメ thx!

ミリタリーモノらしく、シンプルで機能的。

今回は特にコンディション良いのが揃ってます。

詳細はこちらで。http://www.unknown-sapporo.com/2013/08/nato-field-pack/

NATO FIELD PACK BLACK 30ℓ  sold


Tools

—February.25.2014 16:57:01

今日はツール的なモノのご紹介です。

画像 1382

まずは、40s L.L.Beanのキャンバスボストンバッグ。

これ、かなりサイズあります。

目勘定だと、古着でたまに見かけるドラムバッグ(たぶん皆さん想像するアレです)の軽く倍はあると思います。

画像 1376

持ち手、なんせもう70年くらい経っているので傷みはありますが、それでもまだまだ問題ありません。

画像 1377

 

画像 1383

底の傷も、生地が2重になっているので実用には全く問題なし。

ですが、広がったらいやなので、購入して下さった方には無料でリペアします。

画像 1381

 

画像 1375

引き手にはネームホルダーかなにかを付けていたのか、チェーンだけが残っています。

純正でこういうのは見たことないので後付けだと思いますが、開閉しやすくて良いです。

画像 1384

もちろん仕切りなんて気の利いたディテールはありません。

たくさん荷物を入れた状態で鍵なんか入れたら大変です。笑

画像 1379

サイズに関しては、その日の荷物の量や用途やそれぞれ好みもあるかとは思いますが、普通に考えたら日常生活にはちょっと大き過ぎると思います。

僕ならどうでしょう、、仕事柄、大きなバッグはしょっちゅう使いますが、理想としてはキャンプ道具を入れてラゲッジスペースにポン、ですかね。

画像 1386

続いてブランケット。

画像 1385

随分老舗なのはタグからわかりますが、日本には入って来てないようで、調べてもあまり情報出てきません。

確かなのは、1650年創業!でスコットランド製ってことは、悪いモノではないということです。

画像 1387

すごく温かみのある色使い。

ほっこりします。

画像 1380

サイズはそこまで大きくはないので使いやすそう。(写真は4つ折)

ひざ掛けや、ソファーで寝てしまった時にベストマッチです。

画像 1378

洋服然り、こういった小物も気に入ったもので揃えていくと、日々の生活がもっと楽しくなると思います。

 
1940s L.L.Bean CANVAS BOSTON BAG  22,050yen

SIZE 縦45cm 横68cm マチ30cm

VINTAGE BLANKET  13,650yen

SIZE 140cm×150cm

※明日は定休日になります。お間違えのないようにお願いします!


French army `linen` holdall

—November.5.2013 15:23:46

画像 1411

French army の`Linen`holdall。

僕自身、今までもう数限りなく色んなミリタリーバッグを見てきましたが、これは初見。

色々と調べましたが、国内はおろか、海外でもそう多くは流通していないと思われます。

形だけでいえば、まぁミリタリー出なので、あるっていえばある形ですが、なにより使い込まれた「リネン」の素材感、雰囲気が素晴らしいです。

画像 1412

 

画像 1415

底面の切り替えはPVC。

画像 1416

 

画像 1413

 

画像 1414

 

画像 1417

内ポケットが左右にあります。

画像 1423

数はいくつか用意がありますが、それほどの個体差はないにしろ、やはり良いコンディションから先に出ていってしまうと思いますので、気になった方は、ぜひお早めにご連絡をお願い致します。

詳しくは、お電話・メールにてお問い合わせ下さい。

French army linen holdall  14,700yen

横80cm 高さ32cm マチ20.5cm


VINTAGE CANVAS BAG

—October.28.2013 13:30:32

今日は、バッグをふたつ。

画像 1294

まずはこちら。

色褪せたグリーンのキャンバス地がなんとも雰囲気あります。

ジップには「OPTI」を使っているので、ドイツ生まれでしょうか。

画像 1295

 

画像 1292

 

画像 1296

普段使うには、大きくもないし、小さくもないし、使いやすいサイズです。

画像 1299

 

画像 1297

 

画像 1298

 

画像 1300

仕切りはありません。

画像 1301

もともとは「Tool bag」としての出でしょう。

とにかくタフな作り。

画像 1302

普段使いはもちろん、これはメンズ的視点かも知れませんが、お気に入りの工具を入れて、リアル「Tool bag」としても。

個人的には、こういったファッションとも道具ともつかないモノに、すごく惹かれます。

VINTAGE CANVAS TOOL BAG  13,650yen

高さ24cm 幅(底)47cm マチ(底)16cm ハンドル56cm

 
もうひとつは、「SHOULDER BAG」。

画像 1303

 

画像 1307

こちらも素材は使い込まれたコットンキャンバス。

何用として使われていたのかははわかりませんが、この簡素でタフな作りからいくと、やはりファッションではなく、働くバッグだっと思います。

画像 1310

これ何色?って聞かれたら、「ブラウン」と答えますが、見ようによってはピンクっぽくもパープルっぽくも。

すごくいい感じに色抜けしています。

画像 1309

 

画像 1306

 

画像 1308

 

画像 1305

 

画像 1304

当然、働くジャケットには好相性です。

VINTAGE CANVAS SHOULDER BAG  sold

縦39cm 横幅42cm マチ7cm ストラップ92cm


1940~50‘S BRITISH BUS DRIVERS BAG

—October.22.2013 20:24:30

今日ご紹介するのは、1940年代から50年代にかけて、イギリスのバスドライバーが使っていたレザーバッグ。

見た目の雰囲気もありますが、モノ的にも珍しいアイテムです。

画像 1243

 

画像 1249

まず目を引くのが、やっぱりこの「革」の質感でしょうか。

長い歳月を経たことで飴色に変化し、一朝一夕では絶対にこうはなりません。

画像 1248

 

画像 1255

仕切りは4つ。

当時はチケットや現金を入れていたんでしょう。

画像 1261

一ヶ所、穴がありますが、内側から違う革でリペアされているので、使用には全く問題ありません。

画像 1262

財布、キーケース、携帯、小さめのデジカメ、文庫本で丁度のサイズ。

意外とマチ幅あります。

画像 1250

 

画像 1252

上蓋の裏側には、「GLASGOW CORPORATION」の文字。

バスドライバーへの支給品であったことがわかります。

n13_1_1
1950`S 「GLASGOW CORPORATION」
 

画像 1251

こちらは製造元のネームで間違いないと思うのですが、文字が消えかかっていて、見えそうで見えず…

かろうじて、真ん中の「MAKERS」だけは読み取れます。

画像 1253

幅4.3cmのゴツイストラップとリング。

実用性から、このくらいの太さ、仕様になったんだと思います。

個人的にはこのアンバランスさに惹かれます。

画像 1254

なんのナンバーでしょうか..

製造ナンバー?バスのナンバー?社員番号?

画像 1244

これまた味のあるプレートも付きます。

画像 1245

 

画像 1246

 

画像 1247

 

画像 1258

昨日のハンティングジャケットや、この手の土臭いアイテムには特に好相性。

これ、考えたら買い付けの時のサブに良さそうなので、しばらく売れなかったら自分で使います。笑

 
1940~50‘S BRITISH BUS DRIVERS BAG  33,600yen

Size 高さ23.5cm 幅21cm マチ6cm(開いた状態で12cm)
 

お知らせ

明日23日、明後日24日は、私用の為、店舗をお休みさせていただきます。

ご迷惑お掛けしますが、よろしくお願いします。

通販ご利用のお客様

ご注文はお受けできますが、発送が25日になります。

何卒、ご了承下さい。


NATO FIELD PACK

—August.1.2013 22:18:41

前回の記事からの流れだとこれじゃないんですが、、

気付くといつもいつの間にかなくなっているので、まずはこのバッグからご紹介します。

2013-08-01 21.40.53

 

2013-08-01 21.50.22

NATO FIELD PACK BLACK

機能性に富んだ使いやすいディテール、スタイルを限定しないブラック一色のカラーリング、普段使いからちょっとした時までカバー出来る30ℓのサイズ、と、いいとこ取りのこのバッグ。

ミリタリーバッグというと、実際のmilitary issueはもちろん、リプロダクトまでをも含めると、かなりの型数が日本国内でも流通していますが、このバッグに関しては、意外とそう多くは見掛けないと思います。

2013-08-01 21.43.25

 

2013-08-01 21.44.44

 

2013-08-01 21.45.35

 

2013-08-01 21.45.57

 

2013-08-01 21.48.52

背中が当たる部分には衝撃を緩和するクッションが入っているので、パソコンを持ち歩くのも安心です。

2013-08-01 22.55.13

数は今回は8個。

コンディションに関しては、デッドストックはいかないまでも、どれもほとんど使用感はありません。

2013-08-01 21.38.49

冒頭にも書きましたが、このバッグ、プライスが抑えめなところもあってか、ホントいつもいつの間にか あら なくなってしまった.. みたいな 笑 とにかく早いです。

正直、今後も数とコンディションを抜きにしたらまた全然集められると思いますが、特に前にチェックしていた方や、今回見てこのタイミングで、という方は、ぜひお早めにご検討してみて下さい。

お待ちしております。

NATO FIELD PACK BLACK 30ℓ 11,550yen Sold

 
2013-08-01 20.59.10

こちらも本日入荷分。

やっと見つかりました。最小サイズのデッドストックです。


British Hunting Club Bag

—July.11.2013 15:29:27

今日ご紹介するのは、密かに私物化も考えているこちら。

2013-07-11 20.34.11

キャンバス / レザーのヤレ具合が雰囲気のあるハンティングバッグ。

カラーは、一般的にこの手のバッグだと、ベージュ、ブラウンがほとんどですが、このなんとも言えないオレンジっぽいカラーもなかなか魅力的です。

2013-07-11 20.34.40

大き過ぎず小さ過ぎず、適度に「大きい」サイズも◎

2013-07-11 20.44.29

ちょうど真ん中らへん、クラブか何かのワッペンでも貼られていたのか、丸い跡が残っています。

個人的に、これは全体の雰囲気としてアリだと思いますが、その周りの小さい穴 二箇所はどうでしょうか。

正直、僕にとっては「味」ですが、気になる方は気になるかもしれません。

2013-07-11 20.35.08

 

2013-07-11 20.37.00

 

2013-07-11 20.36.34

 

2013-07-11 20.35.48

 

2013-07-11 20.38.52

 

2013-07-11 20.38.07

 

2013-07-11 20.48.04

 

2013-07-11 20.47.13

素材的にも色合い的にも通年モノですが、秋になったら是非Barbourに。

その場合、適度にヤレたBarbourでお願いします。

British Hunting Club Bag  SOLD
 

高さ30㎝×横34㎝×マチ9㎝


BRITISH TRADITIONAL ITEM

—July.1.2013 20:30:01

2013-06-30 13.24.27

コストダウンを理由に、今や、何十年も自国で続けたメーカーが、生産国をアジア圏内に移す事は珍しいことでもなんでもありません。

皆さんもご存知だと思いますが、例えばアメリカだと「CONVERSE」なんかもそう。

その他にも、ふと思い付くだけで結構な数が挙げられます。

2013-06-30 13.25.21

イギリスに目を移すと、この「CLARKS」も然り。

設立が1825年といいますから、なんと二百年近くも「MADE IN ENGLAND」として世に送り出されていた訳ですが、残念なことに、それも2003年には途切れてしまいます。

2013-06-30 13.27.45

ですが、僕が身を置くVINTAGE業界では、そういった、生産国を移す前の「オリジナル原産国」モノに付加価値が付く世界。

もちろん求める人がいての「需要」があっての話ですが、これもまたVINTAGE業界でよくいう「デッドストック」なんかの状態だと、現行モノを遥かに超えるプライスが付くものも少なくありません。

これは衣料品に限らず、どの業界でもいえることですが。

2013-06-30 13.29.56

そういったニッチな世界の中で、イングランド生産終了から10年が経ったこのクラークスも、じわりじわりとその存在価値を高めています。

もともとは大量生産品なので、まだちょいちょいは見つかるモノですが、それでもいずれ尽きるのは当然の流れです。

2013-06-30 13.30.41

また、調べるとすぐに出てくることなのでなんのトリビアでもないですが、クラークスのデザートブーツは、世界で一番売れた「革靴」としてギネスにも認定されています。
(「スニーカー」はアディダスのスタンスミスだそう。オールスターじゃないんですね)

2013-06-30 13.32.32

色々と掘り下げている方には今さらな説明でしたが、肝心の靴の状態は写真の通り。

未使用ではないですが、ソールの減りもほぼ無しで、アッパーもインソールも良いコンディションを保っています。

カラーは、クラークスでいうところのCOLA SUEDEでしょうか? 明るい茶です。

サイズは7hでJP26.0㎝、アウトソールは29.0㎝になります。

 
2013-06-30 13.36.36

もう一点ご紹介しようと思っていた、「JOHN CHAPMAN」のショルダーバッグはありがたいことに早くもSOLDになってしまったので、またの機会ということで。

2013-06-30 13.20.29

普段のUNKNOWN VINTAGE STOREとは違う、ちょっとキレイめ?なアイテムのご紹介でしたが、個人的にももちろん好きなところなので、これからも集めて皆さんにご紹介できれば。

ぜひ、ご期待下さい。

CLARKS DEZERT BOOT SIZE 7h Sold

JOHN CHAPMAN SHOULDER BAG Sold

この他詳細、通販ご希望の方は、コンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。